訪問マッサージの内容とお仕事でのポイント

マッサージをしている様子
マッサージをしている様子

訪問マッサージは、依頼した人の自宅に直接行ってはマッサージを行います。その人の痛む箇所などを聞き、それからその人に合うマッサージを行うのが仕事です。短期や長期まで、色々な期間を設けて行います。

医療マッサージ、はりきゅうという治療方法を用いるのがポイントで、中には整体術を行う場わいもあります。利用者の希望を聞き入れて行う訪問マッサージでは、よりその人に希望に合う方法で行うのも大切なことです。

使う鍼やシャーレなどを常に綺麗に消毒しては保ち、使うことも仕事です。

パーキンソン病や脳梗塞の後遺症で悩む人の治療も行うのも仕事です。足の麻痺から寝たきりなどの人のリハビリなども訪問マッサージで行うのも仕事です。

この訪問マッサージ師は、きゅう師国家資格指圧師国家資格を取得している方が採用されやすいのが特徴的です。学ぶには、医療専門学校などで学ぶことがポイントで

1回の訪問マッサージのお仕事では、30分程度となります。語りかけながらマッサージをするのも大切なお仕事です。1人あたりに家にまで訪問する回数は週に1回から3回程度になります。

痛みのレベルから体調に合う訪問マッサージの仕事では、セルフケアから運動法をアドバイスします。

時には夫婦や親子のマッサージを行うこともありますし、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどにも行き、そこでお仕事をすることもあります。

その日によって状態というものは変わりますから、その状態をいかにしっかりと調べてマッサージできるかも、このお仕事の大切なところです。

在宅のアメニティー